4月の九州大会派遣を懸けた第66回沖縄県高校野球春季大会(県高野連主催、琉球新報社共催)の組み合わせ抽選会は19日、北中城立中央公民館で行われ、1回戦30試合の対戦カードが決まった。今年は辺土名、開邦、南部農林、真和志の連合チームを含む全65校、62チームが出場する。3月21日から開幕し、決勝戦は4月4日午後1時から、北谷公園野球場で行う。今大会のシードは昨年の秋季大会4強以上で第1シードから順に沖縄水産、興南、沖縄尚学、嘉手納となっている。今大会から開会式は行われない。本大会の優勝校は、第144回九州地区高校野球大会(4月20~25日、鹿児島県)への出場権を得る。上位2校は、5月25...    
<記事全文を読む>