第91回選抜高校野球(3月23日開幕・甲子園)の出場校決定から一夜明けた26日、21世紀枠で選ばれた富岡西は同校グラウンドで練習を行い、夢舞台での勝利に向けてスタートを切った。

 インフルエンザなどによる欠席者を除く20人が、これまでと同様に校内や学校周辺を清掃した後、午前8時50分ごろに練習を開始。小川監督が「全国(の強豪)と戦わないといけない。気持ちもギアチェンジしてやっていこう」と呼び掛け、選手は大きな掛け声を響かせてランニングした。

 サッカー、ソフトボールの両部とグラウンドを共用した午前中は新しいボールを使い、ゴロの捕球や野手のカバー、送球練習など守備...    
<記事全文を読む>