第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が25日、大阪市内で開かれ、徳島県の富岡西が21世紀枠で選ばれた。1900年の創部から120年目で春夏通じて初の甲子園出場を果たす。徳島県勢の選抜大会出場は2014年の池田以来5年ぶりで、21世紀枠では10年の川島、11年の城南に次いで、徳島県から3校目の選出となった。

 富岡西は1896(明治29)年創立。野球部は県内では城南に次いで2番目に長い歴史を持つ。グラウンドを他部と共用する中、練習に工夫を凝らして好成績を残している点や、清掃活動での地域貢献などが評価された。

 現在の...    
<記事全文を読む>