第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園球場)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市内で開かれ、近畿地区一般枠で明石商が選出され、3年ぶり2度目の出場が決まった。昨秋近畿大会8強の報徳は選出されなかった。

 明石商は昨秋の近畿大会で準優勝。1回戦は京都国際(京都)に逆転勝ちし、報徳との兵庫対決となった準々決勝は4-0で完封勝ち。智弁和歌山(和歌山)との準決勝は12得点で快勝し、初の決勝に進んだ。決勝は龍谷大平安(京都)と延長十二回の接戦を演じた。

 1953年創立の明石市立の商業高校。初出場だった2016年の選抜大会はベスト8に進出した。...    
<記事全文を読む>