第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市内で開かれ、道内からは昨年の秋季全道大会で優勝し、明治神宮大会も制した札大谷と、秋季全道大会準優勝の札第一が明治神宮大会枠で、それぞれ選ばれた。

 札大谷は春夏通じて初出場で、札第一は2年ぶり3度目で夏を含めると6度目。札大谷は全道大会準決勝、決勝でいずれも最大4点差を逆転するなど粘り強さが光り、明治神宮大会でも強豪を破って優勝した。札第一は全道を強力打線で勝ち進み、決勝も終盤までリードしていたが惜敗した。

 21世紀枠候補の釧湖陵は落選した。

 ...    
<記事全文を読む>