第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日に行われる。九州地区の21世紀枠候補に選ばれている熊本西は昨秋の熊本大会で準優勝し、初出場した九州大会でもベスト8に入った。2016年の熊本地震や昨秋起きた部員の事故死を通じ、一球の大切さをかみしめる選手たち。1985年夏以来で春は初めての甲子園出場へ吉報を待つ。

■周囲に配慮し照明なし

 運命の日が迫り、気持ちが高ぶる。「選ばれたら、地震で被災した人たちを勇気づけるプレーをしたい」。表情を引き締める熊本西の霜上幸太郎主将(2年)をはじめ、全員が地元中学出身だ。

...    
<記事全文を読む>