拓大紅陵高校(木更津市)の野球部監督として、春夏通算9回の甲子園出場を果たした小枝守(こえだ・まもる)氏が21日午前9時7分、肝細胞がんのため東京都内の病院で死去した。67歳。東京都出身。通夜は27日午後6時から、葬儀・告別式は28日午前9時30分から、いずれも東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。喪主は妻の弥生(やよい)さん。

 日大三高、日大を経て1976年に日大三高の監督に就任し、79年に夏の甲子園に出場。81年から拓大紅陵高で指揮を執り、2014年に勇退するまで春4回、夏5回甲子園に導いた。1992年の夏の甲子園では本県勢で17年ぶりとなる決勝進出を果た...    
<記事全文を読む>