日本学生野球協会の本年度の優秀選手に、県内からは星稜の竹谷理央前主将(三年)が選ばれ、十一日に金沢市の県青少年総合研修センターで表彰を受けた。

 星稜は昨年、春夏連続で甲子園に出場。投手と外野手を務め、主軸を担った竹谷前主将はチームをまとめる一方、夏の石川大会決勝で4本塁打を放ち、一試合の大会新記録を樹立するなどプレーでも引っ張った。

 表彰式を終えた竹谷前主将は、高校生活を振り返り「苦しいこと、つらいことがほとんどだったが、三回甲子園に出られたのは良かった。これからは目標のプロ野球選手に向かって頑張っていきたい」と話した。進路は未定だが、関西の大学で野球を続け...    
<記事全文を読む>