12月中旬、秋田市北部の金足農業高校グラウンド。夏の甲子園で有名になった校歌の歌詞のように白く凍った土を踏みしめ、吉田輝星は黙々と走っていた。

 高校生として最後の大会となった10月の福井国体の後も、毎朝6時に起き、7時前に部室に入る。授業前にウエートトレーニングをこなし、放課後は1時間ほどランニングする。短い距離のダッシュを繰り返したり、バッテリーを組んできた菊地亮太を相手にキャッチボールしたりすることもある。

 金農野球部は秋田県下でも猛練習で知られる。学校周辺の田園地帯が雪に埋もれる長い冬も、吉田は長靴を履いて走り続けることで強靱な体を...    
<記事全文を読む>