日本高野連は14日、第91回選抜高校野球大会(来年3月23日から12日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、北海道地区からは春夏通じて初の甲子園大会出場を目指す釧湖陵が選ばれた。このほか、秋季東北大会4強の古川(東北=宮城)などが推薦された。

 出場3校は、一般選考の29校(神宮大会枠を含む)とともに、来年1月25日の選考委員会で決まる。東(北信越、東海以東)と西(近畿以西)に分けて1校ずつ選び、残りの7校から3校目を選出する。

 石岡一(関東・東京=茨城)金津(北信越=福井)清水桜が丘(東海=静岡)八尾(近畿=大阪)平田(中国=島根)富岡西(四国=徳島)熊...    
<記事全文を読む>