横浜高の監督として甲子園で5度の優勝を果たし、今夏に日本高野連の育成功労賞を受賞した渡辺元智氏(74)を祝う会が8日、横浜市内のホテルで開かれた。県内外のアマチュア指導者や教え子ら約400人が出席し、栄誉と功績をたたえた。

 渡辺氏は1968年から横浜高の監督を務め、甲子園では歴代4位タイの通算51勝、春3度、夏2度の全国制覇に導き、同校を名門に押し上げた。2015年夏に惜しまれながら勇退した。

 多くの名指導者らに囲まれた渡辺氏は「私は神奈川の高校野球に育てられた。きょうは県内だけでなく、全国の監督やいろいろな方々に集まっていただけて感激し...    
<記事全文を読む>