静岡市内の高校や大学と東京六大学リーグなどの野球部による交流試合「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」が、23~25日に草薙、清水庵原、松前の3球場で行われる。20日の記者会見で開催概要が発表された。
 高校と大学が一堂に会して行う大会は静岡県内初。出場する高校は静岡、静岡商、静岡市立、清水東、清水桜が丘、東海大翔洋の6校。大学は1、2年生主体で早大、慶大、明大、立大、筑波大、中京大、静岡大、東海大海洋の8チームが参加する。
 試合では高校生が金属、大学生が木製バットを使用する。3球場で各日3試合ずつ計27試合を行う。大学同士が21試合、大学対高校は6試合。「...    
<記事全文を読む>