岩手県高野連は6日、盛岡市で理事会を開き、2019年度から久慈と二戸の両地区を統合し「県北地区」とする方針を決めた。少子化で部員数が減少し、地区予選の運営が困難になったため。全校が単独チームで出場した場合の県大会出場枠数は規定により、現行の両地区合計の5から4に減少する。

...    
<記事全文を読む>