高校野球の第71回秋季四国地区大会第3日は3日、高松市のレクザムスタジアムで準決勝が行われる。徳島県勢として唯一4強入りした県3位の富岡西は午前10時から、松山聖陵(愛媛県3位)と対戦する。勝てば来春の選抜大会出場が大きく近づく大事な一戦を展望した。

 1回戦から登場した両校は早い回にリードを築き、優位に試合を進めた。序盤の主導権争いが焦点になりそうだ。

 富岡西は2試合で14安打18得点し、四国大会のチーム打率が2割4分1厘。中軸の坂本、浮橋、吉田は計10打点と勝負強さは健在だ。下位も勝負どころで得点に絡み、相手のミスを逃さず畳み掛けた。準決勝では相手投手をリ...    
<記事全文を読む>