高校野球の秋季近畿地区大会第2日は21日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で1回戦3試合があり、第2試合で報徳(兵庫)が5-2で近江(滋賀)に勝ち、準々決勝進出を決めた。第1試合の神戸国際大付(兵庫)は4-5で福知山成美(京都)に敗れ、1回戦で姿を消した。

 第3試合は兵庫県大会1位の明石商が京都国際(京都)と対戦する。

 今大会の戦績は来春の選抜大会出場校選考の重要な資料になる。

...    
<記事全文を読む>