第139回北信越地区高校野球大会は10月21日、新潟県のハードオフエコスタジアム新潟で準決勝2試合を行った。啓新(福井3位)と星稜(石川1位)が決勝に進出し、来春のセンバツ出場へ大きく前進した。決まれば啓新は春夏通じて初の甲子園、星稜は春2年連続。

 啓新は上田西(長野1位)に4―3で逆転勝ち。3点を追う七回、浦松巧の2点適時打などで4点を奪い試合をひっくり返した。安積航大、浦松の継投で逃げ切った。

 星稜は東海大諏訪(長野3位)を4―0で退けた。三回に東海林航介の犠飛と知田爽汰の適時打で2点を先行。七回に1点を加え、八回には4番内山壮真がソロ本塁打を放ちリード...    
<記事全文を読む>