来春の選抜高校野球大会の出場校選考で重要な資料となる秋季九州大会(第143回九州大会)は20日、熊本県のリブワーク藤崎台球場などで1回戦が行われ、県代表の沖縄水産(沖縄1位)は長崎商業(長崎2位)と対戦し、4―8で敗れて初戦敗退した。興南(沖縄2位)は21日午前10時半から、熊本県営八代野球場で熊本国府(熊本1位)と戦う。

◇崩れたダブルエース 「古豪復活」夏へ持ち越し

 上原一帆と國吉吹の左右ダブルエースを中心とした堅守で、県大会6試合を2失点で勝ち上がった沖縄水産が、長崎商業打線に二回に一挙5点を奪われて4―8で敗れ、九州初戦で姿を消した。上原忠監督は「二回(の相手の攻撃...    
<記事全文を読む>