高校野球の第71回秋季関東大会は20日、山梨県の山日YBS球場で開幕し、開催県の山梨県上位3校に関東6県の代表を加えた15校が熱戦を繰り広げる。神奈川1位の横浜は22日に甲府工(山梨3位)と、同2位の桐蔭学園は21日に常総学院(茨城1位)と、ともに1回戦でぶつかる。4強に入れば来春の選抜大会出場が濃厚となる秋の決戦へ、県勢2校の陣容を横浜、桐蔭学園の順に紹介する。

 春夏秋と3季連続で神奈川の頂点に立った横浜だが、道のりは決して楽ではなかった。

 東海大相模との準々決勝は5-2で勝利。敵失をきっかけに奪った初回の3得点がなければ勝敗の行方は分...    
<記事全文を読む>