高校野球の第68回県秋季大会は7日、コザしんきんスタジアムで決勝を行い、第2シードの沖縄水産が第4シードの興南を8―1で退け、14年ぶり10度目となる栄冠をつかんだ。決勝に進んだ沖縄水産と興南は第143回九州地区大会(10月20~25日、熊本県)に出場する。来春、甲子園球場で行われる春の全国選抜大会出場につながる九州大会。沖水が19季ぶり27回目、興南が2季ぶり29回目の出場となる。県勢は選抜大会から3年連続で遠ざかっており、期待がかかる沖水と興南を中心に、県秋季大会を振り返る。(嘉陽拓也)

◇6試合で2失点

 沖水は、今回は背番号は3番だったものの、1年からマウ...    
<記事全文を読む>