来春の選抜大会につながる第71回秋季高校野球東海大会の組み合わせが9日、決まった。27年ぶりに県を制した御殿場西は2回戦から登場し、大垣日大(岐阜2位)-津田学園(三重3位)の勝者と激突。初出場の清水桜が丘(静岡2位)は岐阜第一(岐阜3位)、3年連続出場の静岡(静岡3位)は中京大中京(愛知2位)と1回戦で対戦する。
 大会は静岡、愛知、岐阜、三重の代表各3校が出場し、20日に三重県の津市営球場、ダイムスタジアム伊勢で開幕する。決勝は28日午前10時から四日市市営霞ケ浦球場で行う。
 御殿場西の相手は大垣日大と津田学園の勝者。大垣日大は今夏、津田学園は昨夏の甲子園に出...    
<記事全文を読む>