プロ野球選手を目指すことを決断した吉田輝星投手。準優勝した今夏の甲子園大会では最速150キロのうなるような速球、天性のフィールディングでファンを沸かせ、秋田大会前よりもプロ球団の評価は高くなった。9月に宮崎で開かれた18歳以下のU18アジア選手権の高校日本代表メンバーや関係者は、吉田投手の資質を高く評価する声が多かった。

 甲子園の準決勝で対戦した日大三(東京)の日置航内野手(3年)は「直球の切れがいい。そして球質だけでなく、『当ててもいい』というぐらいの気持ちで内角をどんどん攻められる。簡単には打てない。自分が対戦した中でも上位に入る投手」と語った。バントをされ...    
<記事全文を読む>