福井しあわせ元気国体(福井国体)高校野球硬式の部は10月3日、今年の甲子園春夏連覇を果たした根尾昂や藤原恭大の大阪桐蔭が、高校最後の試合となる準々決勝に登場。四国の強豪、済美(愛媛)に5―3で勝利した。台風による日程短縮で準決勝以上は行われず、ベスト4の4校が1位となるため、史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を果たした最強チーム大阪桐蔭は福井国体で高校3冠を達成。「最後をいい形で締めくくれた」(藤原)と、福井県営球場に詰めかけた観客の期待に応えた。

 初戦の1日に続きスタンドはファンで埋まり、5000人を超えた。大阪桐蔭は四回、ヒットで出た藤原を根尾がかえして1点を先制。八...    
<記事全文を読む>