秋季全道高校野球大会は1日、札幌円山、札幌麻生の両球場で1回戦2試合と2回戦2試合を行った。

 夏の甲子園出場校同士の対戦となった1回戦の旭大高(旭川支部)―北照(小樽支部)は、旭大高が17安打を放ち、北照に15―8で七回コールド勝ちした。函工(函館支部)は道大谷室蘭(室蘭支部)を延長戦の末、5―4で下した。

 2回戦では札大谷(札幌支部)が三回に集中打を見せて逆転し、滝川西(空知支部)を退け、8強入りした。札新川(札幌支部)は同点の八回に栗谷の2点本塁打で勝ち越し、旭明成(旭川支部)を破って準々決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>