第71回秋季東北地区高校野球県大会最終日は23日、石巻市民球場で3位決定戦と決勝があり、決勝は仙台育英が17-3で古川を下し、7年連続22度目の優勝を飾った。3位決定戦は大崎中央が柴田を12-5で破り、11年ぶり2度目の東北大会進出を決めた。
 仙台育英、古川、大崎中央の3校は10月12~17日に秋田市のこまちスタジアムなどで行われる東北大会に出場する。

 ▽決勝

古  川003000000=3
仙台育英20208113×=17

 【評】仙台育英が大勝した。2-3の三回、千葉、穂積の適時打...    
<記事全文を読む>