第71回秋季関東高校野球県大会第3日は22日、ノーブルホーム水戸など4球場で3回戦8試合が行われ、8強が出そろった。竜ケ崎一はエース幸山が佐和を完封で退け、18年ぶりに準々決勝進出を決めた。

 石岡一は第3シード明秀日立を10-6で退け、霞ケ浦は延長戦で水戸商に3-2で競り勝った。常磐大高は5-2で取手一を下し、水城は5-0で取手松陽に完封勝ちした。

 23日は試合がなく、第4日は24日、ノーブルホーム水戸とひたちなか市民球場で準々決勝4試合を行う。

▽3回戦
常総学院 8-4 波崎柳川
常磐大高 5...    
<記事全文を読む>