第139回北信越高校野球県大会第10日(22日・県立野球場ほか=北國新聞社など後援)準々決勝4試合が行われ、鵬学園が鶴来に4―0の完封勝ちを収めて22年ぶりにベスト4入りした。このほか、夏の甲子園に出場したシードの星稜が金沢に13―4、小松商がシードの金沢商に5―1で快勝、遊学館が泉丘に6―1で逆転勝ちした。第11日の23日は準決勝が行われる。

...    
<記事全文を読む>