高校野球で汗を流した元球児が甲子園を目指す「マスターズ甲子園」の参加校が加盟する「県高校野球OB連合」が創立10周年を迎え、11日に横浜市中区で記念式典が行われた。

 

 同連合の倉田昭人会長(神奈川新聞社常務取締役)が「甲子園には魔物がいると言われるが、マスターズには元球児のおじさんたちを笑顔にする魔物がいる。今後も20年、30年と続けていければ」とあいさつ。続いて横浜の渡辺元智・前監督、横浜商(Y校)の古屋文雄・元監督、桐蔭学園などを率いた木本芳雄・元監督がトークを行った。

 

 3人は現役監督時代のエピソードや思...    
<記事全文を読む>