待ちわびた吉報がグラウンドに届くと、選手たちに胴上げされ、何度も宙を舞った。「うれしい気持ちもあるが気が引き締まる思い」。京都の公立勢として新たな歴史を刻んだ若き指揮官の日に焼けた顔から白い歯がこぼれた。

...    
<記事全文を読む>