第90回記念選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)に初出場する山陽ナインが31日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、初めて臨んだ昨夏から2季連続となる甲子園での活躍を誓った。

 昨秋の中国大会でベンチ入りしたメンバーのうち6人と、原田一成校長、堤尚彦監督らが訪問。松田正己社長が禰元太陽主将(2年)に花束を手渡し、越宗孝昌会長が「まず1勝。山陽旋風を甲子園で起こしてほしい」と激励した。

 禰元主将は「ベスト8以上を目指す」、主砲の井元将也選手(2年)は「持ち味の打力を発揮し、本番でも打ち勝ちたい」と決意表明。昨夏の全国選手権...    
<記事全文を読む>