1998年に横浜が成し遂げた甲子園春夏連覇の輝きは、20年がたった今でもまったく色あせない。横浜DeNAベイスターズの後藤武敏と小池正晃が、松坂大輔と過ごした青春時代を語り合った。

 -高校野球100年の歴史でも、やっぱり松坂は特別な存在ですか。

 小池 たまたま、松坂がいたという話。大輔がいて、チームが勝てたけど、大輔一人で勝ったわけじゃない。あの時の仲間で勝てた。

 後藤 特別な感覚はない。いて当たり前の存在だから。新聞やニュースを見て、やっぱすげえんだなという感覚だった。

 -2年秋から始まっ...    
<記事全文を読む>