第90回記念選抜高校野球大会(日本高野連など主催)の出場36校を決める選考委員会が26日、大阪市内であり、県内からは下関国際の出場が決まった。選抜大会は初出場で、夏の大会を含めると2回目の甲子園。県勢の選抜大会出場は7年連続となった。

   今年は記念大会のため例年より出場校は4校増。一般選考が神宮大会枠を含む33校。戦力以外の特色を加味する21世紀枠は前回大会と変わらず3校を選んだ。

   下関国際は昨秋の中国大会県予選で優勝。中国大会は4試合中2試合でコールド勝ちを収め、決勝でおかや...    
<記事全文を読む>