第90回記念選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園球場)の出場36校が26日発表され、駒大苫小牧高校の4年ぶり4度目の出場が決まった。ナインは、甲子園の土を踏みしめる喜びをかみしめるとともに全国での勝利を誓った。

 

 笹嶋清治校長は、午後3時ごろに校長室で出場決定を知らせる電話を取り「謹んでお受けいたします。よろしくお願いします」と笑顔。校内に集まった選手たちを前に「全国での活躍を目指してほしい」と激励し、大槻龍城主将(2年)と握手を交わした。屋外に出た選手たちは一斉に帽子を投げ、センバツ出場を喜び合った。

 会見に臨んだ佐々...    
<記事全文を読む>