春の選抜高校野球大会に、近江高と彦根東高(ともに滋賀県彦根市)、21世紀枠で膳所高(大津市)の出場が26日、決まった。湖国から初の3校同時出場という快挙に、関係者は喜びを爆発させた。

 近江高と彦根東高の新聞部は合同で号外を発行、JR彦根駅西口で乗降客に配布した。「近江・彦根東センバツ出場決定 彦根市から2校選出の快挙」との見出しで、吉報を速報した。

 彦根東高側から、近江高に声を掛けて実現したという。記事や写真はそれぞれで取材、執筆。合同の編集会議を開いたり、25日には一緒に校正作業を進めたりしたという。選手や監督のコメントも掲載。B4判の紙面は、近江ブルーと...    
<記事全文を読む>