第90回選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会が26日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、県勢は昨秋の四国大会準優勝の英明が3年ぶり2度目の選出を受けた。

 3年ぶりの選抜切符を手にした英明。「投」と「打」の柱2人、エース黒河と主将で4番の千原は正式な吉報に表情を緩めつつ、憧れの舞台へ固い決意を口にした。

 県、四国大会の8試合を一人で投げ抜いた右腕黒河は「少し緊張していた。決まって一安心」と、まずは胸をなで下ろした。

 もちろん、選抜に向けた準備も着々と進めている。四国大会後は食事トレーニングなどに励み、体...    
<記事全文を読む>