県の高校野球史上で初めて、複数の高校が選ばれた。センバツ切符を手にした三校では二十六日、選手や学校関係者による驚きや喜び、大会に向けた意気込みなど、さまざまな思いが飛び交った。

◆近江=3年ぶり5回目

 「滋賀から三校、非常に名誉あること。みんなが精進して、より技術を磨こうとやってきたおかげや。ほんまよう頑張った。ありがとう」。近江の多賀章仁監督は出場決定を受け、集まった選手に祝いと感謝を口にした。

 昨秋の近畿大会準決勝で大阪桐蔭に0-5で敗れて以来、チームは以前に増して「1点を守り勝つ野球」にこだわった。筋...    
<記事全文を読む>