第90回選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会が26日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、神奈川から東海大相模(7年ぶり10度目)、慶応(9年ぶり9度目)の2校が選出された。

 東海は昨秋の県大会で慶応を破って優勝すると、続く関東大会でベスト4に進出。慶応も2年連続で挑んだ同大会で4強入りした。組み合わせ抽選会は3月16日に行われる。

 東海は、エース齋藤礼二(2年)と主砲森下翔太(同)を軸に昨秋の県大会で優勝。県内開催の関東大会では齋藤をけがで欠きながら、圧倒的な打力で3季連続甲子園出場の作新学院(栃木)にコールド勝ち...    
<記事全文を読む>