第48回明治神宮野球大会は10日、神宮球場で開幕して1回戦が行われ、各地区秋季大会を制した10校が参加する高校の部に初出場した中国地区代表の山陽(岡山)は創成館(九州)に1―5で敗れ、準々決勝進出はならなかった。

 山陽は一回に主戦有本が2点を献上すると、四、八回にも失点。打線も井元の適時打による四回の1点にとどまった。

 高校の部の第2試合は日大三(東京)と日本航空石川(北信越)が対戦。大学の部は1回戦2試合が組まれている。

...    
<記事全文を読む>