石川県高野連は17日、来春の第90回記念選抜高校野球大会「21世紀枠」の県推薦校に、昨年に続き、飯田を選出したと発表した。

 飯田は秋の北信越県大会(本社後援)準々決勝で、優勝した星稜に1―2で惜敗した。県高野連は、エース木挽楓冴(こびきふうが)を中心とした守りのチームで最後まで諦めない粘り強さがあり、強豪私学や北信越大会出場校にも引けを取らないレベルにあるとしている。

 推薦理由には、能登最北部の地理的なハンディがある中で、移動の疲れを感じさせないはつらつとしたプレーや、鉢ケ崎海岸や校舎周辺の清掃活動に取り組み、地域から応援されていることが挙げられた。表彰伝達式は22日に飯田高で...    
<記事全文を読む>