県高校野球連盟(奥山雅信会長)は2日、山形市の県スポーツ会館で理事会を開き、来春開かれる第90回記念選抜高校野球大会の21世紀枠出場校の本県候補として、九里学園の推薦を決めた。

 九里は指導者と部員が一体となり、練習に創意工夫を凝らして成果を挙げた―として評価された。豪雪地帯で4月中旬までグラウンドが使用できない状況で、タブレット端末を活用してフォームを確認するなど、技術向上に努めている。近年は春季東北大会8強入りなどの成績を残している。

 今後は東北6県の高野連役員が各県候補の中から東北地区推薦校を決め、日本高野連などが全国の候補校として12月15日に発表する。
<記事全文を読む>