冬期間に入り、学生の屋外部活動が屋内に移行する中、各部は練習内容を工夫しながら屋内外の練習を使い分ける。室蘭東翔高校野球部(伊藤俊介監督)は冬期間もグラウンド練習をメインに取り組むのが特徴だ。  同部のオールシーズングラウンド練習は昨年スタート。土が雪に覆われてもボールを追い掛ける恒例の練習だ。土が出ると雪が解けてドロドロになるため、除雪は土の表面にわずかに氷面を残すのがコツ。春まで氷上ノックも続ける。

 伊藤監督は「守備力は向上すると思います。アップをしっかりやれば肩を壊すこともない」。既に今冬もグラウンド練習がメインになっており、選手が白い息を吐きながらバットを振り続ける。

 ...    
<記事全文を読む>