秋季関東高校野球大会で準優勝を果たし、来春の選抜大会への出場が有力となった明秀日立高の選手らが6日、日立市役所を訪れ、小川春樹市長に関東準優勝を報告、センバツに向けて「全国で勝つチームにしたい」などと意気込みを語った。 同校は10月に神奈川県内で開かれた関東大会で強豪を破って勝ち進んだ。決勝で敗れたものの、準優勝に輝いた。この日は増田陸主将と4番の芳賀大成選手、エースの細川拓哉選手の3人が市役所を訪問し、金沢成奉監督、中原昭校長が同行した。 選手は市職員の大きな拍手に迎えられ、小川市長に準優勝を報告。増田主将は「(関東大会では)チームが一つになって一戦一戦戦えた。次は全国...    
<記事全文を読む>