秋季近畿地区高校野球大会は四日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで準決勝二試合があった。三日の県勢対決を制した近江(県一位)はこの日、大阪桐蔭(大阪一位)と戦い、0-5で完敗。初優勝はならず、明治神宮野球大会の出場に届かなかった。

 近江は、強豪・大阪桐蔭の根尾昂(あきら)投手に16三振を奪われ、完封負けを喫した。中尾雄斗主将は「レベルは相手が上。負けるつもりは無かった。頭は冷静に、心は熱くプレーし、負けないつもりだったがうまくいかなかった」と悔しがった。

 初回にエラーも絡んで2得点を許し、序盤から追う展開に。何度か得点圏に走者を置いたものの、根尾投手の直球や緩急のある変化球...    
<記事全文を読む>