一発攻勢で圧倒する強打の東邦に対し、静岡は反対方向への単打に7犠打を絡めて粘り強く加点した。「東邦さんは強い。でも、うちにはうちの良さがある」と栗林監督。黒岩主将も「打たれることは想定内。思い切りやろう思った」と一歩も引かず、練習試合も含め40戦無敗だった強豪に土を付けた。

 先発鈴木翔が初回、いきなり捕まった。県大会決勝以来の実戦。力みから、浮いた球をスタンドに運ばれた。マウンドに集まったナインに伝令の五味が「打たれてもいい。一つ一つアウトを取ろう」と伝えると、野手から「10点までいいぞ」との声が上がった。

 「相手もすごいけどうちも打力がある。取り返してくれる」。左腕の気負いが...    
<記事全文を読む>