ともに初Vへ王手! 高校野球の秋季九州大会(第141回九州大会)第4日は27日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で準決勝2試合があり、創成館(長崎)と富島(宮崎)が決勝に進んだ。創成館は2-0で延岡学園(宮崎)に競り勝ち、2014年春以来7季ぶりの決勝進出。最速141キロ左腕の川原陸(2年)が11奪三振で完封した。富島は東筑(福岡)との公立勢対決を6-5で制し、初の決勝進出。2番の中川大輝主将(2年)が、降雨中断後の8回に左越えの勝ち越し二塁打を放った。ともに初優勝を懸けた決勝は、きょう28日に同スタジアムで正午から行われる。■創成館・川原公式戦初完封 184...    
<記事全文を読む>