平成29年度秋季近畿地区大会奈良大会最終日は12日、佐藤薬品スタジアムで決勝を行い、智弁学園が17―4で高田商を破り3年連続17回目の優勝を果たした。3位決定戦は法隆寺国際が13―7で天理を破った。智弁学園は3年連続26回目、高田商は2年連続11回目、法隆寺国際は初の本大会出場を決めた。秋季近畿地区大会は10月21日から大阪シティ信用金庫スタジアム(舞洲ベースボールスタジアム)で行われる。

 智弁学園は3点を追う二回に2点を奪い、四回に伊原の本塁打で同点とした。六回には6長短打で7点を奪って試合を決めた。

...    
<記事全文を読む>