第70回秋季県高校野球大会最終日は30日、県営富山球場で決勝を行い、富山商が国際大付を4-2で下し、6年ぶり19度目の優勝を果たした。県高野連、北日本新聞社主催。

 富山商は1点を追う七回、山本の2点適時二塁打で逆転に成功。九回にも追加点を挙げ、突き放した。国際大付は同点で迎えた五回にいったん勝ち越したが、及ばなかった。

 3位決定戦は、高岡商が桜井に7-0でコールド勝ちした。

 閉会式で神田聡県高野連会長があいさつ。蒲地北日本新聞社取締役事業局長が健闘をたたえた。

 富山商と国際大付、高岡商の3校は、14日から福井県営球場などで試合を行う北信越地区大会に出場する。この大会は来春のセン...    
<記事全文を読む>