第70回県高校野球選手権大会は1日、岡崎市民球場で決勝があり、東邦が愛産大三河を9-1で退け2年ぶり15回目の優勝を果たした。3位決定戦は中京大中京が桜丘に3-2で競り勝った。上位3校は21日から同球場と刈谷球場で開かれる秋季東海大会に出場する。◆梅田選手が2戦連発 五回表、先頭で打席に入った梅田昂季選手(二年)が3球目の直球を振り抜くと、打球はライト方向へ高く上がった。「すごく集中して狙い球を待っていた。振った時には入ったと思った」。準決勝に続く二試合連続の本塁打でチームを勢いづけた。

 新チームになって7本目の本塁打。夏前に比べ、ボールのタイミングをうまく捉えられるようになり...    
<記事全文を読む>