第137回秋季北信越高校野球県大会(信濃毎日新聞社協賛)第4日は30日、上田県営球場で代表決定戦(準決勝)2試合が行われた。県代表3校のうち、まず日本ウェルネス信州筑北キャンパスと佐久長聖の2校が北信越大会(10月14、15、21、22日・福井県)出場を決めた。

 県大会初出場のウェルネス筑北は、2点を追う五回、2死満塁から押し出し四球と赤羽、内藤の連続適時打で逆転に成功。七回に河野の適時二塁打、山田将の2点二塁打などによる4点で松商学園を突き放した。8―3で快勝し、県高野連加盟2年目で北信越大会初出場を果たした。

 佐久長聖は四回、西藤の3ランで先制。さらに真銅、堀北、林が長短3...    
<記事全文を読む>