高校野球の第70回秋季関東大会第4日は26日、サーティーフォー保土ケ谷球場などで準々決勝4試合を行い、神奈川1位の東海大相模は作新学院(栃木2位)を12-1の五回コールドで、神奈川2位の慶応は国学院栃木(栃木1位)を3-2で下し、それぞれ準決勝進出を決めた。同大会の結果は来春の選抜大会出場校を選ぶ重要な参考資料となり、ベスト4入りした両校は来春の甲子園出場が確実となった。

 慶応はエース左腕生井惇己(2年)が2失点で完投。1番宮尾将(同)のソロホームランや敵失などで得た3点を守り切った。

 第5日は27日、同球場で慶応-明秀日立(茨城1位)、東海大相模-中央学院(千葉2位)の準決勝...    
<記事全文を読む>