高校野球の第70回秋季関東地区大会群馬県予選は30日、準決勝2試合を桐生球場で行い、ともに延長戦の末、関学附が5―4で藤岡中央を、健大高崎が7―4で桐生第一を下し、関東地区大会出場を決めた。  関学附は25年ぶり3度目、健大高崎は2年連続7度目の出場。  県予選決勝は1日午前10時から、同球場で行う。

...    
<記事全文を読む>